院長の日記

2015年2月16日 月曜日

薬出しすぎ、耐性菌、生活習慣を直そう岡崎市永井歯科室

今日、高齢社会であり多くの人が常時薬を飲んでいる。しかたのない部分もありますが、世界の中で日本が飛びぬけて薬を使用しているのも事実です。薬には良い面だけでなく副作用、耐性菌等悪い面もあります。当院において治療に当たり、服薬されているものを調べるのですが、これが多く大変です。いろいろな科に行っていればさらに多くなる。それが連携できているかというとできていなく、各科がおのおの薬を出していて、例えば血圧の薬だけでも似たような薬いくつかだされている。また本人が何のために飲んでいるか薬か理解してない場合があり、お薬手帳が機能しているのか疑問です。薬でおなか一杯になりそうです。必要最小限で本人が理解し管理できる形に薬を整理できないものでしょうか?またある人は2~3年同じ抗生剤(抗菌剤)を飲みつづけていることがあり、とても理解できません。耐性菌ができて、薬が効かなくなります。そういう場合があったということで、すべてがそうだと言っているわけではありません。多くの場合は適正だと思います。ただ患者さんの立場でどういう処方がいいか考えると違った形もあると思います。そう願っています。
もっと生活習慣に目を向けるべきです。長野では減塩の食事を心掛けて、健康長寿を達成しています。食事、運動、睡眠、休息をバランスよく摂ることです。あと趣味とかストレスを発散できることを見つければいいです。
また歯周病、虫歯で歯を喪失すると噛むことが難しくなります。喪失しなくても、歯周病で歯がぐらぐらしてくると固いものや野菜など繊維質を食べなくなって、脂質、炭水化物(うどん、パンなど)柔らかいものを多く摂るようになります。そうするとメタボ、生活習慣病となりやすくなります。歯や口の管理、手入れは生活習慣病の予防につながります。歯が痛いから歯医者にいくというだけでないと心得てください。


大きな地図で見る
0564-55-8871
診療時間
9:00~12:00××
14:30~19:00××

土曜午後診療…14:00~17:00
※祝日はお問い合わせ下さい。
【休診日】木曜日・日曜日

住所

〒444-0874 岡崎市竜美南1-6-1

詳しくはこちら
永井歯科室モバイルサイト 携帯電話からでも簡単にアクセスができます!