HOME > 安全な治療のために

安全な治療のために

安全な治療のためにのイメージ

当院では、インプラント治療をより安全・確実にするために、必要に応じてCTにより三次元化されたデータを基に治療計画を進めています。
従来のレントゲンでは二次元での診断しかできませんが、CTを使うことにより、より精度の高い治療をすることができます。

また、超音波装置バリオサージの導入により、神経や血管を傷つけず治療を行う事ができ、患者様の負担を減らしています。

歯科用CTについて

歯科用CTについてのイメージ

これまでの歯科治療はレントゲンのみで行われていました。
しかし、レントゲンではみえてこない病態もあり、なかなか治らない歯も少なくありません。
この結果、レントゲンだけでは情報量が不足で、治せない原因を見つけることができず、闇雲に治療が続いてしまうこともあります。

CTは以前から医科の中では普及していましたが、医科のCTでは歯の周りの小さいものに対しての診断はなかなか難しいという歴史がありました。
最近、歯科用のCTが普及し始めています。レントゲンの情報にCTの情報をプラスすることで診断精度が向上しました。
これにより、なかなか治らない歯の原因がわかることもあります。また、安全にインプラント治療や外科手術を行えるようになりました。

しかし、CTやレントゲン撮影に対して放射線の被曝という問題は無視できません!
被爆する放射線量はデジタル化によりかなり少なくなっています。
撮影には必ず撮影が必要である理由があります。正当な理由なしに撮影は行いません。撮影には放射線防護に十分注意をはらっています。被爆に関してご心配などございましたらご相談ください。

永井歯科室ではCTを用いて適切な診断、安全な治療を第一に考えています。

インプラント成功する為の手術前の確かな検査

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

インプラント成功する為の手術前の確かな検査のイメージ
見えなかったものが見えます 

従来のレントゲンでは把握することが難しい細部まで簡単に確認ができます。顎の骨などの内部構造もとてもリアルに検査することができます。

分からなかったことが分かります 

通常のレントゲンは2次元での撮影なので、把握できる情報量に限りがありますが、歯科用CTは3次元での立体的な撮影が可能なので、鼻の奥の形態や粘膜、顎の骨の位置まで正確に検査をする事が可能です。

治療を行うにあたり安全性に優れています 

歯科用CTは検査時の安全性はもちろんの事、正確に診断できるのでその後の治療のリスクも大幅に減らす事が可能です。

バリオサージについて

バリオサージについてのイメージ

インプラントの手術時に用いる骨切削機器です。
超音波で骨を滑らかに整えることができ、痛みの少ない美しい手術が可能になりました。これにより、さらに安心で正確な手術が可能になりました。

インプラント治療で問題になるのは、血管や神経を傷つけてしまうケースがあります。
永井歯科室では、超音波装置バリオサージを完備し、神経や血管を傷つけず治療を行う事ができますので、患者様の負担を減らします。

これからインプラント治療を受けられる患者様の不安が少しでも軽減できればと考えております。

大きな地図で見る
0564-55-8871
診療時間
9:00~12:00××
14:30~19:00××

土曜午後診療…14:00~17:00
※祝日はお問い合わせ下さい。
【休診日】木曜日・日曜日

住所

〒444-0874 岡崎市竜美南1-6-1

詳しくはこちら
永井歯科室モバイルサイト 携帯電話からでも簡単にアクセスができます!