HOME > 予防歯科

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とはのイメージ

日本人が歯を失う最も大きな原因として歯周病があります。現在日本人の約80%が歯周病であると言われているため、歯周病や虫歯になってからのケアではなく、感染すること自体を防ぐ予防歯科が注目されています。

もちろん、皆様ご自身での毎日のケアが最も効果的かつ重要な予防法なのですが、自分では落としきれない歯垢や汚れが毎日少しずつ蓄積され、それが歯周病につながってしまうケースが非常に多く見られます。歯科医師や歯科衛生士によって行う口腔内のクリーニングやメインテナンスは、歯周病を予防する為の方法として最も有効な方法です。

歯周病予防

歯周病予防のイメージ

歯を失う最も大きな原因の一つが歯周病と言われています。そのため歯周病を予防・治療することで、自分の歯と長く付き合うことができるはずです。いつまでも自分の歯で美味しい食事をするために歯周病を予防しましょう。

現在では歯周病は中高年の病気ではなく、若い方も感染している方が増えています。若い時から定期健診を受け、いかに予防するかがポイントです。どんな病気でも共通していますが、歯周病も早期発見と早期治療が基本です。

歯のクリーニング(PMTC)

PMTCのイメージ

歯のクリーニング(PMTC)は、普段の歯磨きでは落としきれない歯と歯の間の歯垢(特にバイオフィルムと呼ばれる歯にこびりついた細菌の塊)を、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って取り除き、口腔内の清掃をすることを言います。歯の着色汚れを除去したり、歯周病・虫歯、また口臭予防を目的としています。

カリエス(虫歯)リスク検査

カリエス(虫歯)リスク検査のイメージ

虫歯は様々な要素が関連してなります。虫歯になりやすいかどうかのリスクを判定するには、お口の中の細菌の状態や、食生活、また歯の唾液の抵抗力などそれぞれの要素を把握することが大切です。

3DS

3DSのイメージ

砂糖の入っているお菓子や飲み物を摂取していても、すべての人のすべての歯に虫歯が生じるわけではありません。 虫歯菌がいない人の場合には虫歯は発生しません。
虫歯菌の量には個人差があります。虫歯菌は、幼児期に母親や近親者から感染するといわれています(母子感染)。そして、その時に感染した細菌のパターン(構成比率)は一生変わりません。

虫歯予防の方法として3DSと呼ばれる治療方法があります。これはお口の中を虫歯菌のいない状態に変えて、虫歯を根本的に予防する方法です。

口臭予防

口臭予防のイメージ

口臭検査では、専門の機器を用いて検査します。口臭は虫歯菌や歯周病菌を殺菌する作用がある唾液の量によって左右されます。口腔内の細菌を減らし、唾液の量を増やすことで口臭の予防になります。

ヒールオゾン

ヒールオゾンのイメージ

簡単に説明しますと、専門の機器を用い、オゾンを数十秒当てるだけで虫歯、歯周病の原因菌を除去する治療方法です。

適応症  
  • う蝕予防処置 
  • 初期う蝕(器械を使って虫歯の程度を測定します)
  • 知覚過敏症
  • 保存治療との併用
  • 歯周病治療
  • 口内炎

※予防処置、初期う蝕でヒールオゾンを行なった場合効果を挙げる為、家庭でフッ化物、MIペースト等を利用して下さい。

費用  
  • 1処置(1歯) - ¥1,000(税抜)
    ※但し、咬合育成コース、矯正を行なっている方は、特典として処置の範囲内で行ないます。
虫歯等の再発防止

治療した後でも患部に原因菌が残っていれば時間の経過と共に再発する恐れがあります。ヒールオゾンは細菌を死滅させる効果がありますので、再発率を大幅に低下させることができます。

無痛

ヒールオゾンは歯を削らず治療ができますので、虫歯治療等で歯を削る際の痛みがありません。

歯以外の治療

ヒールオゾンにはウイルス抑制・殺菌・消毒作用があるため、ヘルペスや口内炎にも応用できます。またオゾンは血行を促進させる働きがあるため、口腔内全体の治癒の促進が期待できます。

大きな地図で見る
0564-55-8871
診療時間
9:00~12:00××
14:30~19:00××

土曜午後診療…14:00~17:00
※祝日はお問い合わせ下さい。
【休診日】木曜日・日曜日

住所

〒444-0874 岡崎市竜美南1-6-1

詳しくはこちら
永井歯科室モバイルサイト 携帯電話からでも簡単にアクセスができます!